成長のための休日の使い方

勤めている企業によってSEの休日の実態にも違いはありますが、概して若いSEほど私生活を楽しむよりも将来のために使う日にしようと考える傾向があります。
余力があるときには勉強をしてスキルアップを行い、仕事が忙しいときには自宅に持ち帰ることが許されている場合には自宅で仕事をし、許可がない場合には職場まで行って働くというのがよくあります。
ブラック企業に勤めているSEではこのような状況が日常的になりやすく、勉強をするか仕事をするかを選ばなければならないような状況になりやすいのが特徴です。
仕事の量が多いことでブラック企業となってしまっている場合には山積みになった仕事を処理するために休日を費やさざるを得ないでしょう。
一方、能力的な要求が高い場合には仕事をこなすためにも昇進を目指すためにも勉強をしなければならないという意識を持つことになりやすいのです。
また、ブラック企業から抜け出そうと考えて勉強をするSEもいます。
仕事に追われ、スキルアップをする必要性を切実に実感しやすいのがブラック企業の現場であり、休日だからといってゆっくりとしていられないという気持ちになりやすいのです。
SEとして大きく成長していきたいという人にとっては恵まれた環境にもなり得るでしょう。
私生活を優先したい人にとっては早期に勉強をしてスキルアップを行い、転職を実現したいという気持ちを強くしてくれる環境が整っているため、将来を考慮する上では決して悪くはありません。