なかなか厳しいIT業界の労働環境

IT業界におけるブラック企業のSEは、過酷な労働条件で働いている方が多くいます。
それでもやり抜いていける有能な方は仕事を続けられるが、そうでない人は、退職してしまう傾向が高いです。
ブラック企業では、労働基準法においてぎりぎりの線で人を使わないと、経営が成り立っていかない場合が多く、有給休暇や、育児休業等を正当に取得できないことが多いです。
このような傾向はIT業界以外でも当然ありえる状況ですが、社員に対してこのような対応をとると、社員から訴えられたり、ストライキされたりするリスクがあるので、そのようにしたほうが経営上は有利であるとわかっていてもしない企業もあります。
IT業界の場合は、そのことに加え、仕事の内容的に有給休暇を与えることができない状況が日常茶飯事で発生するという特徴があります。
IT業界は、仕事の量、時期における忙しさがかなりバラバラであるといことが大きな理由です。
IT業界以外の企業は、現状の生産力をふまえて、ある程度一定のバランスで仕事を契約し、実施しますが、IT業界はベンチャーな業界ということと、その技術も日々進化している関係上、毎年、同じ時期に同じ量の仕事が会社にある、ということがほぼありえない業界なのです。
よって、仕事が忙しい時期にあわせて社員を雇用しても暇な時期になって遊ばせてしまうこともできないので、小さな企業の場合、暇な時期にあわせて体制をとり、忙しい状況になったときには、残業で対応する場合が多く、この傾向はブラック企業が特に強いと言えます。