トレーニング期間として選ぶブラック企業

優良企業で働きたいと考えるSEが多いのは事実ですが、就職のときにブラック企業にあたってしまった場合どうすれば良いのでしょう。
ブラック企業と呼ばれる所以は厳しい労働環境ができているからであるのが通常です。
若くて学習能力の高い期間をブラック企業で過ごすことによりメリットも生まれるという見方もあります。
目標としてSEとして大成したいと考えているならそのスタート地点として捉えてみると良いでしょう。
理不尽なほどに要求が高くて厳しい状況になる場合は多いものの、その困難な状況下で体力も気力も駆使して精一杯に努力した経験は必ず将来に役に立ちます。
SEとしてのスキルを広げつつ、深めていくことが余儀なくされ、それを最大限に活用することも求められるでしょう。
そうしていかなければ職を失う危険性があるからこそ、必死の思いで努力することができます。
優良企業で楽な道を歩んでしまうよりも、短期間で大きく成長できる可能性を秘めているのがブラック企業なのです。
同時に得られるものとしてストレス耐性も忘れてはならないでしょう。
むしろ、将来的に苦しい状況に置かれる可能性を考えてストレス耐性の獲得を目標としてブラック企業に入るというのも悪い考え方ではありません。
基本的に理想通りに話が進んでいかないため、うまくいったと思っても多かれ少なかれストレスが残ってしまいがちです。
そんな状況下でも働いたという経験は自信につながり、将来的な活躍を後押ししてくれるでしょう。